すっぽん効果 | すっぽんの取扱説明書

すっぽんとは?

スッポンと言っても国によって種類があるので、日本で見れるスッポンに統一します。日本、中国、ロシア南部とアジア圏、広範囲に生息しています。日本では養殖で繁殖させているので、天然のモノは中国から取り寄せています。

 

養殖場から逃げたスッポンは淡水の川や池にいることが多いです。基本的にカエルや川で泳いでる魚や水草などを食べて、生活しており雑食性が強いです。食用の他にペットとして買われていることもあります。

 

同じく亀の仲間ですが、通常の亀と違い甲羅が無く六角形の鱗はついていません。顔つきも鼻先とんがっており、首も良く伸びます。

 

生きた化石とも呼ばれているので、長い間姿を変えることなく水の中を生活圏内に定めています。硬い甲羅より水の中の活動ををしやすくするために硬い甲羅を付けないようです。

 

亀と同じように水温が下がり冬を迎えたら冬眠しているため春まで寝ています。寿命もミドリガメと同じように30年以上生きます。(飼育した場合の寿命です。)

 

スッポンの摂り方

 

すっぽんの捕り方

参考:http://plaza.across.or.jp/~watanabe/suppon.html

 

野生のスッポンの摂り方になりますが、水がきれいな場所に生息しているので罠を捕まえる、釣り糸を垂らして引っかからせるといった方法があります。(野生のスッポンを食べる人もいますが、生血は寄生虫の危険性があるので、飲まないようにしてください。)

 

眼の前に餌が出てきたら噛みつく習性があるので、その習性を利用して摂る方が良いです。※スッポンが引っ掛かったらすぐに水から上げて下さい。逃げ場(水の中に)あるうちに口を離して逃げることがあります。

 

釣り針を外すときも噛まれないように注意して下さい。あらかじめ何か噛ませておくとよいかもしれません。スッポンの持ち方は首が届かない甲羅の後ろをつかんで、持ち上げて下さい。

 

※噛まれたらすぐに川や底の深い水槽にスッポンごと水に付けて下さい。(その時は頭をしっかり押さえておく)
スッポンは臆病な生き物なので、逃げるのに最適な場所があればすぐに口を離して水の中へと逃げていきます。

 

個体差があるので一概に言えませんが、離れるまで時間がかかることがあります。(無理やり離そうとすると大怪我する可能性があるので、必ず水に付けて離させてください。)

 

すっぽんの効果

 

すっぽんには、私たち人間に欠かせない必須アミノ酸をはじめ、女性の美容に効果的なコラーゲン、ビタミンB群、鉄など実に様々な栄養素が含まれています。そのため、滋養強壮という身体的にも精力的にも非常に効果があるとされています。

 

男性の場合だと早漏・精力減退・海綿体の増大・精子量のアップなど、女性の場合だと生理不順をただし不妊解消に役立ちます。また、女性に嬉しいアンチエイジング、美肌効果も高いとされており、近年注目されている食べ物です。

タウリンを飲むタイミング!

イカやシジミなどの魚介類に含まれるタウリンですが食材から十分に摂取することが出来ない為に不足しがちな栄養素となっており、不足すると疲れやすくなったり、生活習慣病の原因になってしまったりと健康を維持する上ではタウリンが不足することを防がなければなりません。

 

そこで不足するタウリンを補うことが出来るのが、タウリンを配合したサプリメントです。サプリメントであれば手軽に毎日タウリンを摂取することが出来るので検討している人も多いのではないでしょうか。

 

タウリンを配合したサプリメントをより効率的に摂取することが出来るように飲む時間ですが、医師が処方する医薬品としてのタウリンとしては一般的には食後に飲むように指示が出されていることが多く、タウリンは胃酸の分泌を活性化させることから食前では胃酸によって胃の粘膜が傷ついてしまうことを防ぐ為、食後と指示されるのです。また元々胃が弱い人は牛乳などと一緒に飲むことで胃を保護することができます。

 

医薬部外品であるサプリメントの中には食前の空腹時に飲むことを推奨しているものもあります。タウリンの消化吸収をより高める為であり、他の食物などがあることでタウリンの吸収が弱まることが理由になっています。タウリンの吸収に関しては日常生活程度の運動であれば気にすることはないのですが、日常的に激しい運動を行なうアスリートやスポーツ選手の場合は効果的なタイミングとなるでしょう。

 

最近では赤ちゃんの粉ミルクにタウリンが配合されたものもあり脳細胞の発達や粘膜の発達に欠かせないのがタウリンとなるのですが、母乳からの摂取だけでは不足することが多く、成長に欠かせないタウリンを粉ミルクで補うことが多くなっています。動物の場合は猫はタウリンを体内で合成することが出来ないので餌から摂取することが必要不可欠となるのでキャットフードなどの成分表示を見てタウリンが含まれているものを選ぶとよいでしょう。

更新履歴