トップページ > スッポンの歴史

スッポンの歴史

スッポンの歴史は古く、中国の健康食品として3000〜4000年の歴史があるといわれています。高い栄養価に注目されて国を挙げて、スッポンを管理していたようです。

 

主に宮廷料理としてふるまわれていたので、スッポンの繁殖期にはメスを摂る事を禁止し、繁殖を優先させて保護をしていました。

 

2000年ごろ月日が経つと漢方に使われはじめます。これは中国の薬物書「神農本草経」「本草網目」といわれる薬の歴史書にかかれており、頭部、甲羅、肉、卵、血、胆のう、など各部位がどんな薬にされているのか簡保所にかかれています。

 

日本にスッポンが渡ってきたのが、縄文時代の貝塚から発見されているのでそんなに時代も開いていません。しかし、食べられていたかと言われればわかっていません。

 

弥生時代では登呂遺跡にも発見され、7〜8世紀頃のことがかかれている「続日本紀」に文部天皇に貢物として「近江の国(今の滋賀県)」から送られてきました、。

 

研究では「江戸時代から食されはじめた」といわれています。即されはじめてからは割と安価だったのですが、食べる人が増えっていき次第に数が減っていきました。成長速度が遅いので品薄となっていき、需要と供給のバランスが崩れ値段が上がっていきました。

 

今でこそ高級食材と言われるていますが、江戸時代では普通に出回っていた食品です。

 

諸説様々ですが、もともとスッポンはドロガメと呼ばれていたのですが、水辺ならならどこでも出没することから名付けられた漢字説・川に飛び込んだ時の音から名付けられたといった擬音説など色々あります。「スッポン」と呼ばれるようになったのが江戸時代から言われるようになりました。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 すっぽん効果 | すっぽんの取扱説明書 All Rights Reserved.