トップページ > スッポンの飼育方法

スッポンの飼育方法

スッポンを飼育するなら産まれたばかり・子供の時のスッポンを選んでください。スッポンは亀の仲間なので、普通に育てたら30年以上生きます。最大100年間生きるとも言われており人間並みの寿命を持っています。飼育が出来なくなったときに引き取ってくる動物園などをさあしておくとよいです。

 

野生のスッポンは臆病ではありますが、近づいてきたものに対しては攻撃的なります。個体差がありますが、飢餓時に共食いをすることがあります。餌の量に気を付けるべきですが、2匹以上飼うなら同じ水槽で飼わず別々の水槽に育てた方が良いかもしれません。

 

1.自然に育ったスッポンは、すぐ噛みついてくるので人に慣れさせやすい子供の時に育てます。人に慣れるとビックリさせるようなことがない限り噛みつくことも少ないです。

 

2.水質・水温管理はしっかりしておかないと、すぐに病気になったり体に腫瘍が出来てしまいます。冬場は水温が冷たすぎると冬眠中に死ぬ可能性が出るので、水温調節のできるヒーターなどの器具が必須になります。水温は20〜25度以内をキープしておくか、冬眠させないという方法もあります

 

3.スッポンは水生の生き物でありながら日光浴を好むので、日当たりの良い場所か日光浴が出来る蛍光灯を用意してください。日光浴で栄養素とカビ落としなどをするので、必ず日の当たる所で育てるようにしてください。

 

飼育環境は以上ですが、スッポンは亀と違って活動的で運動量も多いです。運動量の多さで脱走などすることがあるので、眼の届くところに置くようにしてください。また猫やカラスなど天敵が多いので、外で日向ぼっこさせるときは常に目の届くところに置いてください。

 サイトマップ
Copyright(c) 2017 すっぽん効果 | すっぽんの取扱説明書 All Rights Reserved.